オリビアン小豆島公式ブログ

スタッフブログ
Staff Blog

小豆島で見つけた「瀬戸の花嫁」2015年11月12日

「瀬戸の花嫁」 ・・・と聞いて思いつくのは、
瀬戸内海の小島へ 嫁ぐ様子や心情と、新生活への決意が歌われている、
小柳ルミ子さんの曲ではないでしょうか

この曲の舞台は明らかになっていませんが、
もしかして ここと思われる場所が小豆島にはあるのです

それが・・・「沖之島」
小豆島の北西に位置し、小豆島の小江地区・四海漁港から 渡し船で3分の島。
江戸時代に漁業者が移り住み、現在も漁業が盛んな島です。
渡し賃は100円

そんな島への嫁入りの様子の映像を見つけました リアル・瀬戸の花嫁です 瀬戸の花嫁


オリビアンで結婚式を挙げられる方も
船の大きさは違えど 瀬戸の花嫁・・・・ですよね

だって小豆島へは船で渡ってくるんだし


という訳で  オリビアンウェディングページはこちらから

オリビアンで「瀬戸の花嫁」もとい「リゾートウェディング」 いかがでしょうか

小豆島の観光はオリビアンにお任せ ぐるっと観光小豆島


Twitterフォロワー&Facebook購読者募集中!

「フォロー」&「いいね!」よろしくお願いします

Twitter_logo_png-6.jpg fb.jpg

11/15 小豆島日曜市が開催されます♪2015年11月11日

 

11月15日 日曜日
池田港の産直広場前で日曜市が開催されます
小豆島日曜市
出店はフード・ドリンク・アート・リサイクル市etc・・・という
ことなので、小豆島の美味しいものもたくさん楽しめそうです

9:00~14:00頃までの開催のようなので
早めのほうが商品も揃ってますよ~

池田港からお越しの方や、車でオリーブ園や映画村方面に
観光に出られる方は立ち寄ってみてはいかがでしょう




クリスマスはオリビアン小豆島で

12月19日~25日は
    オリビアン小豆島クリスマスバイキング

12月23日~12月25日は
    クリスマス★スペシャルディナー

  そして、そして

12月23日~25日は
   クリスマスコンサートを開催
   ピアノとクラリネットのデュオ「Ruco」さんの
   聖夜に響き渡る素敵な音楽をお楽しみください


 クリスマスのご予約ご予約はこちらから

Twitterフォロワー&Facebook購読者募集中
「フォロー」&「いいね!」よろしくお願いします

Twitter_logo_png-6.jpg fb.jpg

 

小豆島を食べる~醤で広がる小豆島の食文化~2015年11月8日

晩秋のハウスで緑緑と葉を広げる野菜。

シャキ、プチッ!シャキ、トロ!小豆島の「ひしお」で生まれた野菜たち
小豆島の「醤アイスプラント」だ。

土に醤の搾りかすを混ぜる。
塩分濃度の高い土で、野菜たちに限界ギリギリのストレスを与えて
究極の旨みを蓄えさせる。
野菜たちに対してドSなお二人が、この方々。
CIMG1303
最近かなり有名になった「ヤマロク醤油」の五代目山本さんと、
ヤマロク醤油の発送を一手に担っている「丸島運送」の竹本さん。

そう、お気づきだろうか、元々お二人とも農業に携わる方ではない。
そして実はこのアイスプラントの前に「醤トマト」が生まれている。

香川県の農業課(?)の方が来島した時に、
「醤の搾りかすで、トマトを育てたらイイ。」
「いや、もうチェレンジしていますよ!」
と、そこからトントン拍子に話が進み、
今年の夏、「醤トマト」はめでたく市場デビューした。
とてもトマトとは思えないほどの「甘さ」で、
今までのフルーツトマトを上回るかのような出来栄えだったそうだ。
あまりにもの出来栄えに、出荷が追いつかず、瞬く間に売り切れの
嬉しい悲鳴
  
 なんと順調な「醤野菜」
 確実に小豆島のブランド野菜として出発

そしてトマトの連作を避ける為に試みたのが、「アイスプラント」の栽培。
プチプチした食感に、塩気が元々ある野菜。
栄養価も高くて、市場でよく見かけるようになった。

CIMG1306

「塩気」…そう、醤野菜の申し子ともいうべき野菜「アイスプラント」

それにしても、大きな葉っぱ
この大きな葉っぱもお湯にひとくぐりさせていただくと、
トロ~っとして美味とのこと

CIMG1307  
それにしても大きい。きっと顔ぐらいある。


葉の裏の水玉に塩気が凝縮されていて、シャキぷちっ感が
そして醤の土の養分が凝縮され、味が濃い
CIMG1320

サクッとしゃぶしゃぶも良し、もちろん生で食べるのも良し、
野菜炒めの最後にサッと合わせるのも良し。
レタス感覚でサンドイッチにしてもOK
茎のあたりは天ぷらでも美味しい

小豆島を盛り上げる為に、挑戦し続けるふたり。
CIMG1310

小豆島に受け継がれてきた醤(ひしお)文化は
「佃煮」を生み、そして新たな「小豆島野菜=醤野菜」を生み出した。

IMG_9718

「ある程度の生産量を確保できるよう、ハウスを拡張する。」という。

IMG_9719

実は現在、この「醤アイスプラント」が食べられるのは
リゾートホテルオリビアン小豆島だけである。


小豆島の醤から生まれた「醤アイスプラント」の食感
塩気の奥にある旨みをぜひ楽しんでいただきたい。





路線バスでの観光に便利な渡し舟♪2015年11月7日

E6B8A1E38197E8889F
二十四の瞳映画村への直行便の『渡し舟』が毎日運行しております。
この渡し舟は、大石先生が岬の分教場まで通った海の道を
渡し舟で再現したもの。

オリーブ・ナビ桟橋(オリーブビーチ)から二十四の瞳映画村まで
片道約10分で行けちゃうのです

二十四の瞳映画村行きのバスは1日3便。
路線バスを使って効率よく廻るには少し不便な便数
そんなときはこの渡し舟を利用すると、オリーブ公園から映画村まで
スムーズに観光できますよ~

11月中は毎日運航しておりますので、ぜひご利用くださいね


■運行時間 9:00~16:30
■料  金 片道/大人500円、小人250円
■但し、天候等の諸事情により欠航となる場合もあります。



クリスマスはオリビアン小豆島で

12月19日~25日は
    オリビアン小豆島クリスマスバイキング

12月23日~12月25日は
    クリスマス★スペシャルディナー

  そして、そして

12月23日~25日は
   クリスマスコンサートを開催
   ピアノとクラリネットのデュオ「Ruco」さんの
   聖夜に響き渡る素敵な音楽をお楽しみください


 クリスマスのご予約ご予約はこちらから

Twitterフォロワー&Facebook購読者募集中
「フォロー」&「いいね!」よろしくお願いします

Twitter_logo_png-6.jpg fb.jpg

 

小豆島へ行く前にちょっと寄り道 in 高松~史跡高松城跡 玉藻公園~2015年11月6日

小豆島へ行く前に、ちょっと寄り道したいなぁ・・・
そんなご希望にお応えして、高松でのおすすめ立寄りスポットを
ご紹介しちゃいます

今日ご案内するのは「史跡高松城跡 玉藻公園」
IMG_2510_JALAN_151106
玉藻公園は高松藩主、生駒・松平家の居城だった高松城跡を整備した公園です。
瀬戸内海の海水をお堀に引き込んだ城は日本三大水城として知られ、
園内には重要文化財に指定されている艮櫓、月見櫓、水手御門、渡櫓が残っているほか、
枯山水の庭園があります

この時期にご紹介しておきながら、実はおすすめの季節は春
公園中の桜が咲き誇り、お客様で賑わいます

そして、もうひとつのおすすめが城舟体験
船頭さんのガイド付きでお堀を遊覧できるのです
もちろん私も体験してまいりましたよ~

船頭さんに申込をすると、えさを渡され、舟に乗り込みます。
IMG_2524_JALAN_151106

IMG_2522_JALAN_151106
えさの向こう側で泳いでいる魚は、実は「鯛」

高松城のお堀は、水門で瀬戸内海とつながっていて海水100%
水門から入った稚魚がこうやって毎日えさを与えられて育ち、
大きくなってしまうと水門から出られなくなってしまうそうです。

鯛たちは私たちに並走するようにずっとついてきます。
そんな鯛にえさを与えると・・・すごい食いつき(笑)
我先にと、集まってきます
IMG_2514_JALAN_151106
鯛にえさをやるなんて、なかなか出来ない体験で大満足
船頭さんのお話に耳を傾けながら約20分の城舟が楽しめました

玉藻公園は高松港のすぐそばなので、お時間があれば
ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか


【史跡高松城跡 玉藻公園】
 入園料(大人):200円
 城舟体験(大人):500円(エサ代込)
  運行時間(4月~9月):9:00~17:00まで15便
  運行時間(10月~3月):9:00~16:00まで13便
  ※12月~2月の3か月間は運休

 


クリスマスはオリビアン小豆島で

12月19日~25日は
    オリビアン小豆島クリスマスバイキング

12月23日~12月25日は
    クリスマス★スペシャルディナー

  そして、そして

12月23日~25日は
   クリスマスコンサートを開催
   ピアノとクラリネットのデュオ「Ruco」さんの
   聖夜に響き渡る素敵な音楽をお楽しみください


 クリスマスのご予約ご予約はこちらから

Twitterフォロワー&Facebook購読者募集中
「フォロー」&「いいね!」よろしくお願いします

Twitter_logo_png-6.jpg fb.jpg