オリビアン小豆島公式ブログ

スタッフブログ
Staff Blog

5/14~6/12はオリーブ&ハーブフェア♪inオリーブ公園2016年5月4日

今年も5月14日~6月12日まで
オリーブ公園で「オリーブ&ハーブフェア」が開催されます

オリーブの花は5月の下旬頃から白くてカワイイ花を咲かせます。
そして5月中旬~6月中旬には色とりどりのハーブの花も咲くんです

そんなオリーブとハーブの開花の時期にあわせて
オリーブ公園ではたくさんのイベントが開催されます

■オリーブリース作り
■花とハーブのリース作り
■ボランティアガイドと歩くオリーブとハーブの風景
・・・などなど

さらに土・日・月の10:30~11:30と14:00~15:00は
クラフト体験もできちゃいます
5月は「ハーブの種をオリジナルペインティング鉢に蒔こう」
6月は「ハーバルバスボムを作りましょう」
オリーブ公園 クラフト体験
どちらも約1時間、料金は1500円です!

特定日のみの開催イベントもありますので、
詳しくは小豆島オリーブ公園へお問い合わせくださいね!


道の駅 小豆島オリーブ公園  TEL:0879-82-2200




4月29日&30日は第5回 醤の郷まつり!2016年4月27日

20160427105644364_01_JALAN_160427
4月29日、30日の2日間。
第5回 醤の郷まつりが開催されます

このイベントは小豆島の地場産業である醤油・佃煮に、
改めて興味・関心を持ってもらうためのお祭りで、
各会場では老若男女を問わず楽しめるイベントがいっぱい

醤油、佃煮を使ったグルメが楽しめるほか、大道芸人がやってきたり、
歌のおにいさんも登場します。
お菓子やお餅、スイーツ投げもありますよ~

会場はこちらの7箇所
・小豆島産業会館
・発酵食品研究所
・マルキン
・ポケットパーク
・京宝亭
・一徳庵
・ベイリゾートホテル小豆島

いずれの日程も9:00~15:30まで雨天決行です
みんなで楽しみましょ~





「小豆島の木」瀬戸内国際芸術祭作品2016年4月24日

以前、オリビアン小豆島のある地域から
      「作品が生まれる」とお話しました。
それが此処 
大部子安観音近く  

大部港「子安観音」のオリビアンから行って手前の倉庫です

「頭気をつけてね~~~」という声を背中に倉庫を潜ると…
大部子安観音近く

20m(?)ほどの奥行がある倉庫に、根っこがぁ
大元はもとより、よくもまあ先端の細いところまで、
折らずに掘り起こしたもんだ、感心しちゃいます

   … あ、ボケた…
大部子安観音近く

先程の1枚目の写真、奥が高くなっていますよね
夕陽ケ丘の傾斜地をイメージしているんですって


 …アレ そういえば、さっき屈んで入ってきたけど
 コレ、どうやって入れたんだ

    (*≧m≦*) コレは内緒にしておきます
   芸術祭サーポーターの皆さんが、
   会期中はいらしゃいますからね、そちらからお話を聞いてくださいな

ちなみに、小豆島では実際の会期中ではありませんが、
GWも作品観賞が可能です
瀬戸内国際芸術祭では、地元のおじちゃん、おばちゃんに
ドンドン話しかけてくださいね

 

さて瀬戸内国際芸術祭2016のテーマは「食とアート」
なんの繋がりも無いような気がしますが、そこを見出すのが、芸術家たる所以

「小豆島の木」の作品前では、小豆島の伝統料理「石きり寿司」が販売されています

 

 

大部子安観音近く 2016年テーマ「食とアート」

 

石切り寿司は
そもそもは大坂城築城のために石を切り出していた
石工達に振舞っていたものなのだそうです。
大きな木枠で、一度にたくさん作り、
手でチョイと摘んで、食べやすく切り分けていたんですって

大部子安観音近く 2016年テーマ「食とアート」

今でこそお祝事の日のお料理となっているそうですが、
脈々と続く伝統と、
根っこが長く長く伸びていく様とかけたのかなぁ



ほ、ほ、ほ~たる来いっ♪♪2016年4月21日

今年もオリビアンではホタルツアーを開催します。

小豆島のホタルの季節は5月下旬から6月上旬。
幻想的な淡い光がふわりふわりと舞いますよ~♪
ホタル
ご案内するのは中山地区にある「ホタルの郷」
ホテルバスでご案内しますのでお車がなくても安心して
ご参加いただけます☆彡

今年は瀬戸内国際芸術祭開催年ということで、
中山地区の作品「オリーブの夢」のライトアップも
見れちゃうかも♪♪
e2d69008
毎年人気のツアーですので、お早目にご予約くださいね!


【ホタルツアー】
開催日 5月21日~6月5日
時間  20:00~20:40頃
参加費 3歳以上500円
定員  20名まで


彼は何を想う…2016年4月2日

瀬戸内国際芸術祭2016~NO.90怪物と少年~釈迦ヶ鼻

瀬戸内国際芸術祭2016|怪物と少年|リゾートホテルオリビアン小豆島

ケンタウルスみたいですね~

怪物に乗る少年。
ちょっと映画エイリアンに出てきそうな怪物。
にキラキラの少年が乗っています。

この怪物には、乗ることができるんです音符
近くに脚立がおいてありますので、ぜひ乗って見てくださいね音符
少年と同じ目線になると・・・

DSC_0168

作品の展示場所は小豆島の三都(みと)半島の釈迦ヶ鼻という岬。
瀬戸内海を大小様々な船が行き交います。
彼はこの大海原を眺めながら、何に想いを馳せているのでしょう。

 

そしてこちらは海岸まで降りることもできます。
タイトル「この彫刻は一万年の生命を持ちヒトの一生の間には10mほど歩く」



そう、10mほどの間に親子の「怪物」が!

DSC_0177


こ、コワイ…

DSC_0179

一万年の命を持つと、世界の移り変わりはどんなに見えるのかしら。
こちらの浜は広くて島の中でも長い浜。
日除けをしっかりして、のんびりするものステキ

くれぐれも「怪物」に襲われないように気をつけてくださいね




さて瀬戸芸パスポートをお持ちのお客様からのご質問から一つ

「無人のところって、ハンコはどうなっているんですか



安心してください

DSC_0171

作品看板のところにこんな風にハンコがぶら下がっていますので、
忘れずに押してきてください