オリビアン小豆島公式ブログ

スタッフブログ
Staff Blog

7/2 虫送りツアー空席あります♪2016年6月10日

小豆島の伝統行事『虫送り』が
7月1日に肥土山地区、7月2日に中山地区で行われます!
虫送りは【八日目の蝉】の中でも印象的なシーンだった
火手(ほて=松の松明)をかざしながら
夕暮れのあぜ道を歩き、稲に付く虫を追い払う
五穀豊穣を祈願した、小豆島の伝統行事です下向き矢印下向き矢印
中山千枚田虫送り
真っ暗の中、列をなした火手の光がゆらゆらと
揺らめきながら動いていく風景はとても幻想的目がハートダブルハート
オリビアンではこの虫送りのために
見学ツアーをご用意いたしましたバスダッシュ
小豆島の伝統行事をご覧いただくチャンスですよ~スマイルグッド
【中山千枚田虫送り 見学ツアー】
実施日 2016年7月2日(土)
時間 18:40ホテル出発~19:50ホテル戻り
料金 お1人様500円
人数 最大20名(※要予約)
人数に限りがございますので、ご予約はお早めにウィンク音符

ツアーがセットになった宿泊プランもご用意しておりますひらめき
ご予約はこちらから下向き矢印下向き矢印
【7月2日限定】映画「八日目の蝉」でも印象的だった小豆島の伝統行事「虫送り」を見に行こう!

一緒に中山地区の『虫送り』を見学しましょ~!!

 

7月2日虫送り~送迎あります2016年5月12日

虫送りは、約300年前から伝わる中山地区の伝統行事。
半夏生(夏至から11日目)の日に火手(ほて)と呼ばれる
竹の松明を田にかざしながら、畦道を歩き、害虫を退治して
豊作を願う行事です。
古くから伝わる田んぼの稲虫退治の行事。 夏至から数えて11日目半夏生。小豆島中山では半夏生から近い土曜日に行われる。 18時30分から、小豆島霊場第44番札所 湯舟山にて祈祷を行った後、 19時から出発して虫送りが始まる。 小豆島では肥土山地区でも行われ、こちらは半夏生の日に行う。

映画「八日目の蝉」でも「虫送り」は重要なシーンとして
扱われました。
「とーもせ、灯せ。」の声をかけながら、火手を持ち、
青々とした稲が育つ棚田の畦道を歩きます。
真っ暗の中、列をなした火手の光がゆらゆらと揺らめきなら
動いていく風景はとても幻想的
古くから伝わる田んぼの稲虫退治の行事。 夏至から数えて11日目半夏生。小豆島中山では半夏生から近い土曜日に行われる。 18時30分から、小豆島霊場第44番札所 湯舟山にて祈祷を行った後、 19時から出発して虫送りが始まる。 小豆島では肥土山地区でも行われ、こちらは半夏生の日に行う。

そんな虫送りを見に行ってみませんか
オリビアンでは松明行列が見れる時間に合わせて
バスツアーを企画しちゃいました

■中山千枚田 虫送り見学ツアー
実施日 2016年7月2日(土)
時間  18:40ホテル出発→19:00中山・・19:30出発→19:50ホテル着
料金  お1人様 500円
人数  最大20名 ※要予約

お食事は基本的にホテル帰館後の20:00~となりますが
早めに食べたい!という方は17:30~でお食事をお済ませのうえ
ご参加ください

ご予約お待ちしております☆☆

古くから伝わる田んぼの稲虫退治の行事。 夏至から数えて11日目半夏生。小豆島中山では半夏生から近い土曜日に行われる。 18時30分から、小豆島霊場第44番札所 湯舟山にて祈祷を行った後、 19時から出発して虫送りが始まる。 小豆島では肥土山地区でも行われ、こちらは半夏生の日に行う。


ミラクル!1日数分間だけ!晴れた日にだけ現れる「夏至観音」2016年5月6日

小豆島の八十八ヵ所霊場の1番札所・洞雲山では
6月初旬から7月中旬の夏至をはさんだ約50日間、
晴れた日にだけ姿を見ることができる観音様
「夏至観音」が岩肌に浮かびあがります

足もとからだんだんと姿を見せはじめ、
完全に観音様に見えるのは午後3時過ぎからのわずか数分

夏至観音.jpg

細長く日のあたっているところよく見てください。
観音様が片手をあげ、お祈り?お説法?してくださってるように見えませんか

洞雲山までは オリビアンから車で約50分

二十四の瞳映画村からも近くなので、もし時間が合えば
観光の合間にぜひご覧になってみてくださいね


5月3日は肥土山農村歌舞伎が開催されます♪2016年5月1日

小豆島の伝統行事「農村歌舞伎」
5月に肥土山地区、10月に中山地区で開催されています。

その農村歌舞伎が5月3日に肥土山離宮八幡神社でご覧になれます
0005_JALAN_160501
今年の演目は・・・
第一幕『三番叟』
第二幕『恋女房染分手綱 重の井子別れの段』
第三幕『菅原伝授手習鑑 吉田社車引の段』
第四幕『ひらかな盛衰記 源太勘當』

時間は15:00~20:00、小雨決行です。
席も自由席なので、料金無料でOK

伝統行事「農村歌舞伎」をぜひご覧になってみてくださいね


彼は何を想う…2016年4月2日

瀬戸内国際芸術祭2016~NO.90怪物と少年~釈迦ヶ鼻

瀬戸内国際芸術祭2016|怪物と少年|リゾートホテルオリビアン小豆島

ケンタウルスみたいですね~

怪物に乗る少年。
ちょっと映画エイリアンに出てきそうな怪物。
にキラキラの少年が乗っています。

この怪物には、乗ることができるんです音符
近くに脚立がおいてありますので、ぜひ乗って見てくださいね音符
少年と同じ目線になると・・・

DSC_0168

作品の展示場所は小豆島の三都(みと)半島の釈迦ヶ鼻という岬。
瀬戸内海を大小様々な船が行き交います。
彼はこの大海原を眺めながら、何に想いを馳せているのでしょう。

 

そしてこちらは海岸まで降りることもできます。
タイトル「この彫刻は一万年の生命を持ちヒトの一生の間には10mほど歩く」



そう、10mほどの間に親子の「怪物」が!

DSC_0177


こ、コワイ…

DSC_0179

一万年の命を持つと、世界の移り変わりはどんなに見えるのかしら。
こちらの浜は広くて島の中でも長い浜。
日除けをしっかりして、のんびりするものステキ

くれぐれも「怪物」に襲われないように気をつけてくださいね




さて瀬戸芸パスポートをお持ちのお客様からのご質問から一つ

「無人のところって、ハンコはどうなっているんですか



安心してください

DSC_0171

作品看板のところにこんな風にハンコがぶら下がっていますので、
忘れずに押してきてください