オリビアン小豆島公式ブログ

スタッフブログ
Staff Blog

小豆島そうめんシンポジウム2016年10月16日

11月3日小豆島で「そうめんシンポジウム!~瀬戸内海・海の道 そうめんロードをたどる」が開催されます。

小豆島そうめんシンポジウム小豆島そうめんシンポジウム

その皮切りに、小豆島では「手延べそうめんウィーク」を開催っ
小豆島土庄町のホテルやレストランで「小豆島手延べそうめん」を使ったお料理を提供したり、
フェリー(土庄港と大部港)の中の売店でいつものおうどんの代わりに(いや両方かも)
お素麺を販売したり、
高松港フェリーターミナルでは素麺の歴史を知っていただく「
そうめん歴史年表」を掲示したりするのです。

これも瀬戸内国際芸術祭に端を発したイベントの一つ。
瀬戸内国際芸術祭のテーマの一つに「食」も含まれているから。

 

小豆島のお土産といえば オリーブ・醤油・そうめん。
かつて小豆島では各家庭でも素麺を作っていたそうです。
そして今でも大小さまざまのお素麺屋さんがあります。
奈良の「三輪そうめん」、兵庫の「揖保の糸」と並ぶ、小豆島の「島の光」。
(最近では九州島原そうめんが台頭してきていて、日本四大素麺産地と言われているそう)
 小豆島そうめんシンポジウム

小豆島のお素麺はごま油で伸ばすから酸化しにくい。
ということは胃もたれしにくいんです。
そして細いのにコシもあるんですよね~。
ワタシ小豆島に来てから、そうめんを見直したクチです

 

ところで皆さん、そうめんに付いている帯ってなんだかご存知ですか?
コレ、素麺の格付け。

ピンクやみどりのお素麺は、それぞれの色帯が付いていたりするのですが、
中には黒い帯や金帯が付いてるものがあるんです。


例えば、甚助さんの「手延べそうめん小豆島」
機械では無く手で慎重に慎重に伸ばし、天日干し。
あ、因みに素麺のコシは伸ばしていくときにヨリを掛けるからなんですって。
そしてヨリを掛けるから、ここまで細く伸ばしていける。
小豆島そうめんシンポジウム

 

話が逸れました…。
金帯お素麺  甚助さんの「貴珀」

小豆島そうめんシンポジウム

小豆島そうめんシンポジウム

1分茹でて、差し水して、もう1分。
でもちょっと失敗気味でも(そうめんの茹で方にも失敗するワタシww
と~っても美味しいそうめんです


11月3日は 小豆島土庄公民館の駐車場へ 
日本四大お素麺のうち、三輪と小豆島と島原の素麺の食べ比べができます
12時~300食限定ということですから、皆様お早めにぃ。
もう一箇所、同日小豆島ふるさと村でも
10:00~200食限定で、お素麺のアレンジお料理がお接待されるんですって
こちらもお見逃しなく

オリビアン小豆島では毎日の朝食に小豆島のお素麺をお出ししています。
生卵をかけて、小豆島のお醤油で食べてみてくださいね~

 11月2日のご宿泊予約はこちら
http://www.jalan.net/yad307396/plan/?screenId=UWW1402&distCd=01&rootCd=04&stayYear=2016&stayMonth=11&stayDay=2&stayCount=1&roomCount=1&adultNum=2&roomCrack=200000&pageListNumYad=25_1_5&yadNo=307396&callbackHistFlg=1


皆様のご来島お待ち致しておりますっ